早期発見で犬の癌は治療できる【大事な家族の為に】

動物たち

理想の豆柴を飼うために

ドッグとウーマン

小さなサイズの柴犬は豆柴と呼ばれていて、その愛らしさから多くの方に人気になっています。もしも、豆柴を確実に飼いたいと考えているなら、サイズの問題があるため、専門に繁殖しているブリーダーに相談をしてから購入しましょう。

この記事を読む

早期発見が大切

ゴールデンレトリバー

自己判断しないことです

犬も人間と同じように癌を発症することがありますが、その種類は人間とほとんど同じと言ってもいいでしょう。しかし人間のように「体調がよくない。」とか「最近様子がおかしい。」などといった様子を見せないので、病院へ連れて行ったときにはすでに末期状態になっていることも多いのです。犬によく見られる癌の種類は皮膚にできた腫瘍から発見されることが多いので、普段からのスキンシップで気付くことがあります。体の表面がふくれてきたり、いぼのようなものができたりしてなかなか良くならない場合や少しずつ大きくなってきているようであればすぐに病院を受診しましょう。飼い主が勝手に判断してしまうとあとで取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

いつもと様子が違ったら

また妊娠、出産経験のない犬に多く見られるのが乳癌や子宮癌です。子犬を産ませる予定がなければ早いうちに避妊手術を受けさせておくことが癌を予防する一番の近道です。避妊手術は年齢が早ければ早いほど癌になる可能性が低くなりますので、メス犬は初めてのヒートを迎えたら避妊手術について考えておきましょう。最近は医療技術の向上や薬の効果も上がってきているので、早期発見により長生きできるようになりました。家族同然で過ごしてきた大事なペットとできるだけ長くいられるように、毎年定期検診を受けることも大事です。犬は言葉が話せない分、仕草や様子で感じ取ることができるので、いつもと違ったところはないか日々観察しておくことが大事です。

購入できる場所は多くない

ハリネズミ

ハリネズミは珍しいペットのため販売されているところは多くないです。しかし購入する前にはなるべく本物を見てから購入する方がよいでしょう。購入するときに冬や夏は避けるほうが望ましいです。グルメでもあり餌のあげ方にも注意が必要となります。

この記事を読む

イヌの肝臓疾患

男女

犬にも肝臓病リスクが存在しますが、人間と同様に初期症状が分かりにくいので異変を感じたら念のために動物病院で診てもらうと良いです。治療では薬物治療がメインですが、早期の場合は漢方薬を用いて肝臓機能の再生を図ります。生活面では食事が重要なので、ドッグフード選びが大切です。

この記事を読む