理想の豆柴を飼うために|早期発見で犬の癌は治療できる【大事な家族の為に】

早期発見で犬の癌は治療できる【大事な家族の為に】

女性と犬

理想の豆柴を飼うために

ドッグとウーマン

小さなサイズを望むならば

昔は柴犬という名前を聞いた場合はイメージするサイズはだいたいが同じでしたが、現在では人によってバラバラの考えを持っているといっても過言ではありません。それは、柴犬の中でも、豆柴といわれるとても小さなサイズの個体が様々なところでペットとして飼われているからです。最近では豆柴をよく見る機会があるため、あのサイズを標準的なものだと考えている方もいるでしょう。たしかに、日本犬特有の可愛さに加えて小さなサイズで飼いやすいので、たくさんの方から支持を集めています。もしも、豆という冠がつく柴犬が欲しいと考えているなら、ブリーダーから購入することを強く勧めします。ペットショップで購入した場合は、成長したあとの大きさが予測しにくいからです。

サイズ予想の確かな方法

豆柴という名称がアチコチで使われているため、正式な犬種だと感じてしまう方もいるでしょうが、実際は柴犬から生まれた小さな個体が、そういった名称で呼ばれているだけです。そのため、親の柴犬が小さければ小さいほど子供も小さくなるので、親のサイズを確認できるブリーダーが最も有効的な購入手段となるのです。ペットショップは親の情報が記載されていることはほとんどないため、成長後に豆柴になるかは一種の賭けといえるでしょう。現在では豆柴と呼べるサイズの柴犬を専門的に繁殖しているブリーダーがいますので、そちらに見に行った上で譲り受けると良いです。良心的なブリーダーならば、サイズについての質問にきちんと答えてくれるので、理想の豆柴を手に入れられるでしょう。